« 6月10日 集中練習@植草学園高等学校 | メイン | 6月17日 レコーディング二日目@東金文化会館 »

6月16日 レコーディング1日目@東金文化会館

おはようございます!
今週はレコーディング本番です

今回は小編成ということで、降り番があるので
セッティングは朝一メンバーで頑張ります


録音は、たくさんの機材を2人でセッティングするワコーレコードさん

 

(あ、隠し撮りのつもりが・・・)
2日間、よろしくお願いしまーす!


準備ができたら、さっそく始めましょう♪

座ってみると、、、ひ、広いなぁ・・・
普段かなり密集してるので、若干心細い
初日朝一でまだ気持ちも寝起きだったり(汗)

でも時間も監督も待ってくれませんからね
ぐぐっと集中モードへ


ところが・・・

  演奏中  どんっ!!ぐらぐらぐらぐら

   一同   しーん・・・

まさかの地震
震源も近かったようです

ホールだと、なんとなく上が気になりません?
その後も余震ヒヤヒヤしつつ、1曲目を録り終えました
広瀬先生、ありがとうございました


昼休憩をはさんで、次いってみましょう~♪

降り番メンバーは食後ということもあってか、まったりモード
ONとOFFは、しっかり使い分けますよ~


2曲目の島田先生、最初は舞台で直接確認です

その後、マイクを通した演奏を聴きに行きます

 

楽譜が出来たとき、実際に生で音にしたとき、
意外と雰囲気が違ったり、違わなかったり
色々と試して、先生のニュアンスに近づけていきます


3曲目は江原先生の曲

今回のレコーディングの中で、一番ページ数が多いです
しかもラッパパートは直前に改訂版が!!

木管チームは日常茶飯事でへっちゃらかもしれませんが
普段連符の登場回数が少ない金管には、連符は死活問題です(滝汗)

余談・・・監督と江原先生の掛け合いがいつも面白いのですが
完成CDには入らないのが残念なところでもあります

ここまでもっと苦戦するかと思いましたが、結構順調です
連符もなんとか吹けた・・・気が・・・します、よ?


さぁ、この調子で残り2曲!
じゃんじゃんいきますよー

4曲目は佐藤先生の編曲
指揮も佐藤先生自らとってくださいます

実は佐藤先生との練習はこれまで1回だけ(滝汗)
しかもスピーカー越しには監督、という(大滝汗)

メンバーに今日1番の緊張が走ります

 

奏者をよく知る監督、まったく容赦ありません
スピーカー越しの時の方が、真面目進行だと感じるのは私だけじゃないはず

でもキツイこともわかっているので
レコーディングの時のラッパチームは、結構優遇されているかな?
(ちょっと休憩させてくれる気がします)
よし、もうちょっとだけ頑張ろう(;´Д`)


佐藤先生、お疲れ様でしたー

銚子組もパシャリ📷


最後の曲を残して、一旦おやつターイムっ!
今日はフローズンゼリーというNEWチョイス

 

いい感じのフローズン具合で、お口さっぱり!頭シャキーン!(笑)


それでは本日最後の曲、いってみましょう~🎶

1日目のトリは福島先生の曲
朝からスタンバイしていた和太鼓の出番です


終わりが見えてきた余裕でしょうか
オーボエの小さなお店、撮りたくなりますねー


ワコーレコードのお2人も、あらためてご紹介

大阪からの遠路、お疲れ様です
年に何回も来ていただいているので、もう慣れたご様子


 西村さん 「はい、おっけーです」

わーい!無事に1日目終了です


今回のレコーディングの依頼主、フォスターミュージックさん
今年でなんと10周年を迎えるそうです(パチパチパチパチ)

社長は、団員だった頃から知っていますが
きっとここまで並々ならぬ努力と、計り知れない苦労があったことと思います

ということで(?)、シビックから記念品を贈らせていただきました

次は15周年、20周年と頑張っていってください
そしてこれからもシビックをよろしくお願いします!


今日は反響板が落ちてきたら、ひな壇の段差に隠れようと思った
W-ダブリュウ@Tpがお届けしました☆

About

2018年06月16日 19:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「6月10日 集中練習@植草学園高等学校」です。

次の投稿は「6月17日 レコーディング二日目@東金文化会館」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。