« 10月9日 復興祈念特別演奏会(2日目リハ)@福島県相馬市 | メイン | 10/16 福祉フェスティバル@バーズモール からの 通常練習@公民館 »

10月9日 復興祈念特別演奏会(本番&帰路編)@福島県相馬市

本番編はかわりまして
Rumix@Oboeがお送り致します。

13:30いよいよ開演です。
1部は相馬東高校さんのステージです。
衣装に着替え、とってもかっこいい!

シビックのメンバーも、客席にお邪魔して
高校生の演奏を聴かせて頂きました。

プログラムを始める前に、「G線上のアリア」が演奏され、
会場全員での黙祷をして演奏会ははじまりました。
会場は教会のような荘厳な雰囲気に包まれました。

校長先生のご挨拶では、
相馬東高校の生徒さん、保護者の方の中に被害があったこと。
校歌で詠まれている「海」を
生徒さんが歌うことが難しくなってしまったこと。
しかし、この出来事を胸に、強く生きてほしいという願いをお話して下さいました。

部長さんのご挨拶は本当にしっかりしていて、
震災に負けずにこれからの事を考え、
歩んでいくという決意。。。

まだ若いのに、こんなにも強く、前を向いていて。
本当に立派です!!

相馬東高校さんの2曲目は
日本ジュニア金管打楽器コンクールで3位に入賞された
生徒さんのユーフォニアムソロ。

大人顔負けの音色、安定感のある表現に。
演奏しているのが高校生だということを思わず忘れるくらい
聴き入ってしまいました。
はっと我に返ると演奏しているのは坊主頭で眼鏡の男の子なんですよね(笑)


1部のプログラムの中の
「ベンスルダトゥの3つの冠」は樽屋先生作曲!
ということで、樽屋先生がご紹介されました。
樽屋先生の出身地である銚子も
3月11日の震災で津波の被害を受けました。
「見慣れた場所が一変してしまった」ことに言葉が出なかったそうです。

 


私たちの想像では及ばないかもしれませんが、
震災があったあの日からの生徒さん達、先生方、
今日聴きに集まってくださった保護者の方、地域の方の
お気持ちを考えると、胸が詰まりました。

しかし、高校生の真剣で力強い演奏には
震災には負けていない事を表わしているようで、
その姿を見ている客席に勇気を与えてくれました。

今日の演奏会のプラグラムには
「one band,one sound」「ご協力いただいたすべての皆様に感謝」
というメッセージが書かれていました!
 

第2部は
土気シビックウインドオーケストラと
ベルモンテウインドオーケストラのステージです。

今日のお昼でより新密度を深めたこのメンバー
心を一つに頑張ります。

オープニングははメンバー紹介を兼ねてパート紹介が含まれた
「虹の彼方に」を演奏しました。
指揮は樽屋先生で、司会は監督です。
 
 

2曲目は「Sound of Music」
この映画のラストシーンの
みんなが手を取り合い山を越えてゆくところは
監督の最も印象に深いシーンだそうです!

突然ですが、ここで大ジャンケン大会!
監督に買ったら豪華、シビックCDをプレゼント✩
 
1回目が終わって・・・おやまだCD余ってますね!
2回戦いきます!1回目に貰った方も違う種類あるので!

おや・・・まだCD余ってますね(笑)
ちょっとヒイキなかんじですが
10月がお誕生日の方にプレゼントいたしました✩


第3部は
土気シビックウインドオーケストラ
ベルモンテウインドオーケストラ
そして相馬東高校さんでの合同ステージです。

司会は数日前に司会をすることを知らされた
相馬東高校顧問の萩原先生と
数時間前に司会をすることを言われた
土気シビックの水野団長です!

「因みに3部のプログラムが決まったのも数時間前です」
「お客様にお渡ししているプログラムには「第3部 合同ステージ」
としか書かれていないんですが、何曲あると思いますか?
さっき数えたらアンコールを除いて8曲もあるんです!!!」

…って、アンコールがバレバレじゃないですか(笑)

司会がこのお二人になって、雰囲気ががらっと変わりました。
なんてゆーか・・・・漫才?笑

しかしながら2人の様子で客席やステージから
笑っている声が聞こえてきて
顧問の萩原先生が客席の保護者の方や、生徒さんから
愛されているのがすごく感じました!
 

2曲目はAKBのメドレー高校生の演出付です!
萩原先生「普段は真面目な生徒たちです。この曲だけははじけさせて
あげてください」
なんだか普段の様子がうかがえますね。
 


高校生のダンスはとてもかわいらしくて、
見ていて笑顔になってしまいます!

3曲目は「マル・マル・モリ・モリ!」
高校生のダンスに混ざって
シビックからも2組参加です☆

 
 
曲が終わってお客さんにアンケート!
「大人のダンスもなかなかよかったよー!って方!?」
「ぱちぱちぱちー」
おーありがとうございます!
シビックでもまだ若手なメンバーです!!!

「やっぱり高校生のダンスがよかったよー!って方!?」
「ぱちぱちぱちぱちー!!!」
ですよね!若さが違います!キレが違います!!
なにより笑顔が素敵なんです!
いやーいいもの見せてもらいましたなぁ(親父)

と、ここで写真に不思議な生き物が映っていたのに気付かれましたか?
そう・・・このシルエット。どこかで。。。。
客席に飛び込んで行って何かを配るこの所業。。。
UMA!
シビックの定期演奏会で
なぜか毎年どこから嗅ぎつけたのか出没する馬が
こんなところにもやってきていました。
リハーサルには姿を現さなかったのでシビックの団員はびっくり!
いやー不思議なご縁を感じましたー。

続いては樽屋先生の新曲「La speranza」
イタリア語で「希望」という曲名のこの曲は、
今日の演奏会のために作曲されたものです。
そしてこの楽譜は、樽屋先生のご意向で
フォスターミュージックさん(http://www.fostermusic.jp/)から
全世界どこでも無料で楽譜をダウンロードでき、
今日の演奏をYoutubeで閲覧頂けるようになるようです!

この後は合唱が入るステージ。
お客さんとして来てくれていた相馬東高校の生徒さんと、
他校の生徒さんも加わっての演奏になりました。
 

今日の演奏会は、相馬東高校吹奏楽部さんのステージから始まり、
だんだんと人数が加わり、こんなにも大勢が一緒に演奏する
ステージになりました。

そしてアンコールのふるさとでは、
客席のお客様も一緒に歌って下さいました。
ステージの前に出て歌っていた団員から聞くと、
涙を流しながら歌っているお客さんが多くいたそうです。

開演直後のお客さんの表情はどこか悲しそうで、
暗くこわばっている印象がありましたが、
演奏の終盤には、明るく自然な笑顔を見ることができました。
この演奏会が終わって、外に出るときには
変わらない厳しい現実に
その笑顔も戻ってしまうかもしれません。

今日の演奏会を迎えるまで、
私たちは何ができるんだろうとずっと考えていました。
結果、やっぱり私たちは被災された方に何もできなかったと思います。

けれど、言葉を交わし一緒に音楽を奏でたことで、
同じ時間を共有できたこと。一人でも多くの人と関わりが持てたこと。
そのことでお互いの気持ちが近くなれたような気がします。
私たちはそれぞれの生活に戻りますが、
この日に出会った人の事。見たこと。感じたことは忘れません。

団員それぞれ、思うことは異なります。
けれど「何かしたい」という気持ちは一緒で、
全員で福島に来ることができました。

団員それぞれがもつメッセージを綴った寄せ書きをお渡ししました。
福島のキャラクター「キビタン」と
千葉のキャラクター「チーバくん」
そして私たちのメッセージ
「Believe in The Power of MUSIC」
が描かれています。

イラストはTpゆうが担当しましたよ!

お別れのときです。
生徒さん達がお見送りに来てくれました。


そうそう、忘れちゃいけない
「La speranza」の楽譜。
ちゃんとお渡ししました!
左3人は同い年なんですよー!

Euphパート。
1部でソロを吹いた3年生と
「La speranza」のソロを吹いたyossyさん。
すっかり意気投合しました!

バスが動き始めると高校生が
わーっって手を振ってくれました!
もーかわいい!!
萩原先生をはじめ、生徒のみなさん、
本当にありがとうございました!
体に気をつけて、元気でいてください!
絶対にまた会いましょう!

福島の名産もいっぱい買って!
ちょっとは復興につながるといいな。。。


さて、バスの中ではちょっと問題が。
このまま行くと幕張到着しても
終電に間に合わなそう・・・・・

がーーん
しょっくーーー

こっちも
しょっくーーー


しかし、ここはさすがの茂原観光の運転手さん!
我々が眠っている間に時間魔法を使って
終電に間に合うどころか超余裕に幕張到着してしまいました!
毎度毎度驚かされます!
ありがとうございました!

土気にも無事に到着!

団員のみなさん、遠路お疲れ様でした!
今回の演奏会は本当に特別な感動があり、
様々な思いを話し合ったり経験を共有できました。
このメンバーで一緒に行くことができて
本当によかったです!

ベルモンテウインドオオーケストラのみなさん
今回は私たちと一緒に福島に行き、
一緒に演奏していただきまして
ありがとうございました!
音楽という共通のつながりで、一緒に過ごしたこと、
非常にうれしく思います!
また一緒に演奏することができたら嬉しいです!

そして、この2日間のスケジュールや運営をしてくださった
幹部や係のみなさん、ありがとうございました!
団員には見えないところで、時間を割いて
話し合いや、やり取り、準備をしてくださっています。
スムーズに団が動いているのも、
幹部の方々のお陰です!
いつもありがとうございます!

そしてなにより監督のお力なしには
今日の演奏会はできなかったと思います。
いち早く現地を見て、現地の方とお話をされていた監督。
福島にシビックを連れて演奏したいとずっと話されていました。
そして萩原先生とお話ししてくださり、
現実のものにしてくださいました。

加養先生はシビックの「音楽監督」ですが、
それを越えて、私たちを導いていってくれます。
本当に感謝してもしきれないくらいです。
本当にありがとうございました!

今回の記事はうまく纏まらず、ずいぶん長い記事になってしましました。
すみません。。。
お付き合いくださいましてありがとうございました!

これからも頑張ります!
宜しくお願いいたします!


最後に、2日間写真をとってくださいました
ゆきだるまさん。
とってもたくさんの写真を撮ってくれました!
練習中も休憩中もお昼ご飯中も。
そして解散する最後の瞬間までカメラを構えて下さってます!
本当にありがとうございました!!!

それでは、また来週からも頑張りましょう!

Rumix@Oboe


About

2011年10月09日 23:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「10月9日 復興祈念特別演奏会(2日目リハ)@福島県相馬市」です。

次の投稿は「10/16 福祉フェスティバル@バーズモール からの 通常練習@公民館」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。