« 11月24日 集中練習@千葉南高校 | メイン | 11月25日 第9回 アンサンブル演奏会@東金文化会館 »

11月25日 ファミリーコンサート@東金文化会館

おはようございます~。
青い空、きもちがいいですね。
今日はファミリーコンサート本番です。
東金文化会館に9時に集合です。
今日は12時間、長い長い一日が始まります。

さっそく会場のセッティング。
9時半リハスタートを目標に急いで急いで!

あわただしく時間が過ぎていきます。

第2部、第1部の順でリハーサルです。
時間があまりないので、ざっと通して、あとは気になるところを
少しずつ返していくだけしか、時間がありません。

しかしシビックのすごいと感じるところは
リハでも一切手を抜かないところです。
よく金管は疲れてしまうから、と
リハはセーブしたりすることもありますが、
そんなの関係ないのです。
(おっと思わず今年の流行語を言ってしまいそうになりました。笑)

スライドの準備もばっちり整い、ナレーションの席も準備完了!

こんなところで、読んでいたんですね。
何度やっても、すばらしいナレーションです。
特にマイクなしの「めーーーーーーーーーーーっい!!!」は聞き逃してはいけません。
これで、さらにぐぐっとお客さんは物語に引き込まれるはずです。
できれば、「め~いちゃぁぁぁぁん!!!」も是非聞きたいのですが・・・(笑)

さて、リハーサルが終わったらもう時間がありません。すぐに開場です。
たくさんのお客さんが今年も東金へ足を運んでくださいました。

金管・木管で30分ずつ交代で、ファミリーコンサート恒例のお出迎えを行います。
ファミリーコンサートでは、小さなお子様から、家族連れ、お年寄り、障害をお持ちの方、
たくさんの方がいらっしゃいます。
コンサートではステージの上と客席で少し離れていますが、こうしてお迎えすることで
とても和やかな雰囲気になりますね。
演奏者としても、こうしてお客さんと直に接することはとても貴重です。


かわいいお客さんと一緒にピース☆

今年のファミリーコンサートの司会は、我らが団長水野先生!
水野先生ならではの、味のあるトークが会場を和ませてくれます。
水野先生と監督による曲紹介は、きっと会場の皆さんにも
とてもわかりやすく伝わったのではないかと思います。
水野先生は司会を終えるとすぐに自席に戻って演奏の準備でとても大変そうでした。
お疲れ様です。

そして、第1部。
第1部は、聞きやすいポップス系をオープニングに、
有名なコラールをもとにした変奏曲、京都をモチーフにした純和風という
バリエーションにとんだ3曲でお送り致しました。

ある意味プログラム3曲よりも一番ドキドキな、楽器紹介。
各パートが披露するちょっとした発表が見ものです。
お客さんにも楽しんでもらえたかと思いますが、
このコーナー一番楽しんでるのは監督と団員かもしれませんよね。

やはりSaxアンサンブルはいいですよねぇ。うらやましいです。
ClとFlもさすがです、なんなくクリア。楽器の特徴をだした演奏が続きます。
ObとFgを楽しみにされていた方、ごめんなさい。きっと来年こそは・・・!?
木管紹介が終わり、ついに金管。
来た来た来た・・・目をそらしても当てられてしまいます、お次はTp。
一人壇上に立ったまま取り残された(!?)Wさん。
あの状況で競馬ファンファーレを吹いたその度胸に感服です。
Hrは超名曲をユニゾンで、Tbは余裕の聖者の行進、
Euphも柔らかい音色を響かせ、Tubaも豊かな低音を聞かせてくれました。
そして、弦楽器のコントラバス。ゲゲゲの鬼太郎という選曲が最高です!!
ラストは打楽器。ビシっと息の合ったドラムマーチを聞かせてくれました。
さらにセレブなハープ。可憐な音色はすごく優雅ですよね。
ドラムのお兄さんも会場を盛り上げてくれました。


第2部。
小松氏のデビューです!!
演奏者はもちろん、後姿を見ているお客さんにも、小松氏の気迫というか
意気込みと緊張感が感じられたのではないかと思います。
指揮者になると一念発起し、2年あまりでここまで振れるようになるには
そうとうな努力があったのではないかと思います。
しかも今回のプログラムは指揮にとっては難易度の高い曲も多かったはずです。
ピアノの後ろのほうから、監督がじっと見守っているのが見えました。

そして、シビック恒例のルミカライトと合唱
きれいですねぇ。ステージから眺めると格別にきれいです。
これもお客さんがたくさん来てくれたからこそきれいなんですよね。
初めて来てくれた方がかなり多いようで(新聞の効果でしょうか!?)
これでまたシビックのファンが増えてくれたらとてもうれしいですね。


最後にロビーコンサートの様子をお届けします。

 

 

開演前にはTbとFl、休憩時間中はClとハタチの皆さん、終演後はSaxが演奏しました。
とくにロビーはすごい人だかりでした。
異色なアンサンブルのチーム二十歳の皆さん。
同い年がこんなにいっぱいいるなんて、しかもハタチだなんて本当にうらやましいですね。


今回の演奏会では、学芸高校の皆さんにもたくさんお手伝い頂きました。
ドアの前で積極的に挨拶をする姿が印象的でした。
ありがとうございました!!

About

2007年11月25日 00:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「11月24日 集中練習@千葉南高校」です。

次の投稿は「11月25日 第9回 アンサンブル演奏会@東金文化会館」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。