« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月 アーカイブ

2007年11月03日

11月3日 千葉県吹奏楽祭&通常練習@千葉県文化会館

千葉県吹奏楽祭が千葉県文化会館で行われました。
県内の小学校から中学、高校と多くの団体が参加していました。
社会人になってからというもの、一生懸命な学生さん達を見るとなんだか懐かしさと共に
若いなぁとしみじみとしてしまうのは、私だけでしょうか!?


今回シビックは、最後のトリを勤めさせていただきました。
午後3時、着替えて文化会館に集合です。
この時期って衣装に悩んでしまいませんか?。
ステージでは暑くなるし、移動中や舞台袖はけっこう涼しかったり・・・
難しいですよね。


リハーサル室前で待機中です。
なごやかな雰囲気ですね。


本日大忙しの指揮者篠宮先生が、急遽リハーサルに参加できなくなってしまったため
坂本氏によるスケール練習と部分的な最終確認を行いました。

「篠宮先生の棒をしっかりと見て集中しよう!」と、決意も新たに舞台袖へ移動です。


舞台袖では運営の仕事と生徒さんへの指示をてきぱきとこなす本日の指揮者の姿が!!
本当にお疲れ様です。

さていよいよ本番です。
一曲目は「オペラ座の怪人」です。
会場のお客さんにオペラ座の怪人の世界が伝わったでしょうか?
難しい箇所もありますが、親しみやすくドラマティックなメロディーが多いので
聞き応えのある曲ではないかと思います。
ストーリーと曲の確認も兼ねて是非ミュージカルや映画を見てみたいですね。

二曲目はシビックではおなじみの「星条旗」です。
篠宮先生の「1,2,3,4!!!」の合図でスタートしました♪
一気に会場の雰囲気が、ぱっと明るくなったような気がしました。
今回この曲は、改めて細かく合奏をしたので、吹き慣れた曲ですが新しい発見があったのではないかと思います。

そして最後は、今回出演した学生さんがステージに並び、
千葉市吹奏楽連盟理事長の鈴木勲先生指揮のもと「ふるさと」の合唱でした。

本日シビックの誘導を担当してくれた南高校の部員さんです。
最後の記念撮影までお付き合い頂きました。
とてもすてきな笑顔が印象的でした!!

さて・・・・

本番の後は、そのまま大ホールをお借りして(贅沢!!)
ファミリーコンサートの練習を行いました。


練習開始前、一人黙々とスコアをチェックする小松氏。
背中から指揮者のオーラが感じられて、思わずシャッターを押してしまいました。
指揮者の影ながらの努力と苦労があってこそ、合奏ができることを忘れてはいけません。


今日は、難曲「鳳凰が舞う」から練習です。
複雑なリズムをつかもうと皆必死で数えています。
このリズムと拍の取り方をモノにしないときっとこの曲の世界観は出せないんだろうなぁと思いつつ、
とにかくついていくのに精一杯。鳳凰は舞えるのでしょうか!?
その後、「セントアンソニー」(これまた難曲!)、
「スーパーカリフラジリ・・・」、「私のお気に入り」も合奏しました。

最後に篠宮先生からの一言。
こちらこそ「すえなが~くよろしくお願いします!!」

気付けばもう11月!!
ファミリーコンサートまで練習が残りわずかとなってしまっています。
カレンダーを見て、数えてみました。。。

あと3回です。
大変です。。。

さぁ、集中力を高めて11月を乗り越えましょう!!

(写真提供:田舎っ子氏 ありがとうございます♪)

2007年11月11日

11月11日 通常練習@公民館

だんだん寒くなってきましたね。
皆さんは風邪はひいていませんか?

吹奏楽の秋といえばアンサンブルですね。
シビックでは、毎年ファミリーコンサートの後に
団内アンサンブル大会を行っています。
今日の練習はいつも通り17時からですが
アンサンブルを練習していたチームも多いようです。

こちらは金管10重奏。
千葉学芸高校をお借りしました。ありがとうございました。
ホテルのようなロビー(職員玄関?)にはただただ驚くばかりでした。


さて、本日は監督の合奏です。
最初は新しく配られた曲をいくつか合奏しました。
シビックの練習回数は少ないので、
ここで気付いたりミスした箇所はどんどん書き込まないと大変です。

ファミリーコンサートの曲も、監督の指導のもと
まるで絵の具で色をつけていくかのように、
どんどん曲のイメージや雰囲気がふくらんできます。
曲想やテンポがわかってくると同時に
まだまだ練習不足な箇所やさらわなくてはいけない所も見えてきます。
残りの貴重な練習時間を大切にしなくてはいけません。


 

さて、休憩時間
白い紙を前に悩む団員がちらほら・・・
アンサンブル大会のエントリー用紙です。
団体名や紹介文ってなかなかおもしろいものが出てこないものです。
今年はどんなアンサンブル大会になるのでしょう?
演奏ももちろん団体名や紹介文にも注目です。

2007年11月18日

11月18日 通常練習@公民館

本格的に寒くなってきました!!
今日、木枯らし1号がふいたそうです。
どうりで、寒いわけです。。。
シビックでも練習中は空調フル稼働です。

暖房・・・??
まさか
冷房です!!!!

この衝撃事実は、PerとTpだけが知っています。
皆さん、冷房ついてたって気付いてましたか?

そんな燃えてるシビックの練習を今週もお届けしたいと思います。

本日もまた5時からの公民館練習の前に
各チームが集まってアンサンブルを練習していました。
今週は金管6重奏をこっそり激写してみました。


 

今日は小松氏の合奏からスタートです。

まずは、マーチの新曲から。
初め、少しゆっくりからの合わせましたが、
何度か返すうちにどんどんテンポが吊り上げられて・・・
小松氏の作戦勝ちです。

そして、今年もやりますよ!
ファミリーコンサートではもうおなじみのストーリー仕立てのあの映画音楽。
私も大好きな映画です。もう何度見たかわかりません。
今年は小松氏指揮でお届けします。
今日は、スライドをお手伝いしてくれる千葉南高校の生徒さんが練習に参加してくれました。
当日よろしくお願いします!!

そんな練習のさなか、、、、
扉の向こうからガサガサガサガサ・・・・・

何かと思ったら!!!

 

笹と竹でした!
団員一同、唖然です。
竹はししおどしを表現するのに使います。
なんとEuphのY岡さんが作ってくれたそうです。
ありがとうございます!!

後半は監督による合奏です。

まずは、今日配られた新曲から。
監督の指導により、だんだん曲のイメージがつかめてきました。
スタッカートがポイントのようです。

そして、さっそく笹と竹を使う曲も練習もしました。
笹は指揮でも大活躍の小松氏が頑張って振って下さいます。
そしてカランコロンととてもいい音のする竹?の楽器も初登場しました。
今年のファミリーコンサートは会場に京都の雰囲気がただよいそうですね。

それにしても、シビックには本当にいろんな打楽器が登場します。
いつも、あれはどこから探してきたのだろう?と不思議に思うほど。
そんなところにも、注目ですね。

注目・・・と言えば余談ですが、こんなところも。

今年の流行は、カラータイツ。
コントラバスのお嬢さんお二人も、もちろんタイツ姿ですが、
あれ??なぜか靴脱いでいるんですね(笑)
でもその気持ちわかります。私も靴脱ぐ時ありますから。
ツバだけは踏まないように気をつけてくださいませ。

本日、朝日新聞さんがシビックを取材に来てくださいました!光栄です。
水野団長から取材に来た記者の方が紹介されました。
この後、練習風景を撮影後(一眼レフで撮影する姿がかっこいい☆)、
監督と団長にインタビューがあったようです。
記事になるのが楽しみですね!!
(個人的な話ですが、取材に来た記者さん、私の大学の後輩(Cb)だったんです。
こんな偶然ってあるんですね!!世間って狭すぎます。)

>11月23日朝日新聞 千葉版に記事が載りました!!
>とても大きな記事になっていて驚きました。
>朝日新聞さん、記者の畑山さん、ありがとうございました!
>ファミリーコンサートにたくさんのお客さんが来て頂けそうですね♪
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000000711230002


(少し大きめの画像なので、文字も読めるかも?)

さて、残す練習はあと1回!!
寒さに負けずにがんばりましょう!!

2007年11月24日

11月24日 集中練習@千葉南高校

三連休の中日ですが、みなさんはどんなお休みを過ごしていらっしゃいますか?
シビックは25日のファミリーコンサート(と、アンサンブル大会)に向けて
今日は千葉南高校の第2体育館をお借りしての最後の集中練習です。

まずは、小松氏指揮によるポップスの合奏から。
最初は合唱で使用する○の風になって。
去年の今頃はまだほとんど知られていなかったのに、
今や誰もが知っている曲になりましたね。
南高の生徒さんも合唱で練習に参加して頂きました。

アンコール2曲、ポップス2曲と、トトロを通すと
時間が過ぎるのがあっという間です。
小松氏はいつも、演奏を止めるとき「ありがとうございます!!」と
おっしゃいますが(とてもとても謙虚です)、
もうこちらこそ「ありがとうございます!」というか
むしろ「すいません!!」という気持ちになってしまうのは私だけでしょうか。

次は金管と木管に分かれての分奏です。
前半、金管(小松氏)・木管(監督)
後半、金管(監督)・木管(小松氏)
指揮者が2人だと、とても効率のいい練習ができるんですね。
シビックの練習はいつも合奏中心なので、分奏はとても貴重な練習です。
ただその分隠れていた(ごまかしていた!?)部分が浮き彫りになるのでかなりどきどきです。

この日も空き時間をみつけては、いろんなチームが
アンサンブルの練習をしているのを見かけました。
朝から集まっていたチームも多いようです。
とくにアンサンブルを掛け持ちしている人は、
10時からはこっち、11時からはあっち・・・と大忙しです。
監督が「頑張ったり努力した分だけ感動が大きい」とよくおっしゃいますが
たしかにアンサンブルは時間外の練習でとても大変ですが
きっと参加した分、練習した分、達成感ややりがいがあるのかもしれません。

後半は監督による第1部の合奏です。
監督の指導の下、明日の本番へ向けて最終調整です。
各パートへ細かい表現や吹き方などの注意がとびます。

最初は拍をとるだけで苦戦をしていた曲も、テンポがつかめるようになってきました。
2/2/3の拍のとり方は監督流では「バス/バス/はしる」だそうです。
「土気/土気/誉田」も捨てがたいですよね。
(ちなみに私が中学の時は「ばか/ばか/まぬけ」でした。ガラ悪いですね・・・!(-_-;))

先週ご紹介した笹もいい具合に枯れてきて(笑)
なかなかいい音がするようになりました。
そんな笹を食べにパンダが!!

携帯で撮ったので画質がわるくてすみません。
このかわいいパンダスリッパはYさんです。

この日は体育館での練習だったので、さすがに先週の練習で冷房をつけたシビックですが、
寒さはかなり堪えました。夜になるにつれ寒さが足元がじわじわと。

私もカイロを貼ってくればよかったと思いました。
(すみません、こっそり背後から写真撮らせてもらいました(>_<)。
S宮先生がいいネタがあるよって教えてくれたもので(笑))

最後のおまけは、トランペットパート。
晴れて先日結婚式を終えたHさんを囲んでの一枚です。
ご結婚おめでとうございます!!!

さぁ、明日はついにファミリーコンサート。
明日は長い長い1日になりそうです。
がんばりましょう♪

2007年11月25日

11月25日 ファミリーコンサート@東金文化会館

おはようございます~。
青い空、きもちがいいですね。
今日はファミリーコンサート本番です。
東金文化会館に9時に集合です。
今日は12時間、長い長い一日が始まります。

さっそく会場のセッティング。
9時半リハスタートを目標に急いで急いで!

あわただしく時間が過ぎていきます。

第2部、第1部の順でリハーサルです。
時間があまりないので、ざっと通して、あとは気になるところを
少しずつ返していくだけしか、時間がありません。

しかしシビックのすごいと感じるところは
リハでも一切手を抜かないところです。
よく金管は疲れてしまうから、と
リハはセーブしたりすることもありますが、
そんなの関係ないのです。
(おっと思わず今年の流行語を言ってしまいそうになりました。笑)

スライドの準備もばっちり整い、ナレーションの席も準備完了!

こんなところで、読んでいたんですね。
何度やっても、すばらしいナレーションです。
特にマイクなしの「めーーーーーーーーーーーっい!!!」は聞き逃してはいけません。
これで、さらにぐぐっとお客さんは物語に引き込まれるはずです。
できれば、「め~いちゃぁぁぁぁん!!!」も是非聞きたいのですが・・・(笑)

さて、リハーサルが終わったらもう時間がありません。すぐに開場です。
たくさんのお客さんが今年も東金へ足を運んでくださいました。

金管・木管で30分ずつ交代で、ファミリーコンサート恒例のお出迎えを行います。
ファミリーコンサートでは、小さなお子様から、家族連れ、お年寄り、障害をお持ちの方、
たくさんの方がいらっしゃいます。
コンサートではステージの上と客席で少し離れていますが、こうしてお迎えすることで
とても和やかな雰囲気になりますね。
演奏者としても、こうしてお客さんと直に接することはとても貴重です。


かわいいお客さんと一緒にピース☆

今年のファミリーコンサートの司会は、我らが団長水野先生!
水野先生ならではの、味のあるトークが会場を和ませてくれます。
水野先生と監督による曲紹介は、きっと会場の皆さんにも
とてもわかりやすく伝わったのではないかと思います。
水野先生は司会を終えるとすぐに自席に戻って演奏の準備でとても大変そうでした。
お疲れ様です。

そして、第1部。
第1部は、聞きやすいポップス系をオープニングに、
有名なコラールをもとにした変奏曲、京都をモチーフにした純和風という
バリエーションにとんだ3曲でお送り致しました。

ある意味プログラム3曲よりも一番ドキドキな、楽器紹介。
各パートが披露するちょっとした発表が見ものです。
お客さんにも楽しんでもらえたかと思いますが、
このコーナー一番楽しんでるのは監督と団員かもしれませんよね。

やはりSaxアンサンブルはいいですよねぇ。うらやましいです。
ClとFlもさすがです、なんなくクリア。楽器の特徴をだした演奏が続きます。
ObとFgを楽しみにされていた方、ごめんなさい。きっと来年こそは・・・!?
木管紹介が終わり、ついに金管。
来た来た来た・・・目をそらしても当てられてしまいます、お次はTp。
一人壇上に立ったまま取り残された(!?)Wさん。
あの状況で競馬ファンファーレを吹いたその度胸に感服です。
Hrは超名曲をユニゾンで、Tbは余裕の聖者の行進、
Euphも柔らかい音色を響かせ、Tubaも豊かな低音を聞かせてくれました。
そして、弦楽器のコントラバス。ゲゲゲの鬼太郎という選曲が最高です!!
ラストは打楽器。ビシっと息の合ったドラムマーチを聞かせてくれました。
さらにセレブなハープ。可憐な音色はすごく優雅ですよね。
ドラムのお兄さんも会場を盛り上げてくれました。


第2部。
小松氏のデビューです!!
演奏者はもちろん、後姿を見ているお客さんにも、小松氏の気迫というか
意気込みと緊張感が感じられたのではないかと思います。
指揮者になると一念発起し、2年あまりでここまで振れるようになるには
そうとうな努力があったのではないかと思います。
しかも今回のプログラムは指揮にとっては難易度の高い曲も多かったはずです。
ピアノの後ろのほうから、監督がじっと見守っているのが見えました。

そして、シビック恒例のルミカライトと合唱
きれいですねぇ。ステージから眺めると格別にきれいです。
これもお客さんがたくさん来てくれたからこそきれいなんですよね。
初めて来てくれた方がかなり多いようで(新聞の効果でしょうか!?)
これでまたシビックのファンが増えてくれたらとてもうれしいですね。


最後にロビーコンサートの様子をお届けします。

 

 

開演前にはTbとFl、休憩時間中はClとハタチの皆さん、終演後はSaxが演奏しました。
とくにロビーはすごい人だかりでした。
異色なアンサンブルのチーム二十歳の皆さん。
同い年がこんなにいっぱいいるなんて、しかもハタチだなんて本当にうらやましいですね。


今回の演奏会では、学芸高校の皆さんにもたくさんお手伝い頂きました。
ドアの前で積極的に挨拶をする姿が印象的でした。
ありがとうございました!!

11月25日 第9回 アンサンブル演奏会@東金文化会館

ファミリーコンサートお疲れ様でした~
解散!!!

・・・なわけありません。

まだまだ後半戦が続きます。団内アンサンブル大会のスタートです!
今年の監督賞はどのチームになるんでしょうか!?

ファミリーコンサートのお客様を送り出すと同時に、
ステージを素早く、アンサンブル会場へリセッティング。
それと同時に各チームはタイムテーブル通りにリハーサル開始。

 

今年もたくさんのチームが出場しました。なんと全24チーム!!
司会進行は引き続き水野団長です。

筆者の独断ですみませんが、、、
<<今年の注目 個人編♪>>

一番掛け持っていたのは、なんと一人で5チーム!!
すごいですよねぇ。しかもどの曲も完璧に吹きこなし弾きこなしてしまうんです。
すごすぎますよねぇ。もう誰だかお分かりですね。Flのあの方です。

さらに、ピアノ、ハープ、たいこ、さらにクラベスまでこなしてしまうSやかさん。
多才です。うらやましいです。素晴らしすぎます。

そして、ピアノも弾けることが発覚した、指揮者で元Obの小松氏。
できる人は何をやってもできてしまうんですねぇ。

「個人」と言えば、この方。ホルンのS本氏。今年でソロ4年目の挑戦です。
本当にいつこれだけの難曲を練習しているのでしょうか!?

なんとこの日のために、ちょっと小型なジャズ用ドラムセットを大人買いしたAさん。
ドラム愛を感じました!


<<今年気になった団体編♪>>

陽気なドラマーとそれを取り巻く人々 (フルート、ピアノ、ドラム、コントラバス)
いや、お洒落でした。ほんとに。こんな演奏を聞けるカフェがあってほしいと思いませんか?d('-'*)

α派を出す会 (クラベス5重奏)
なんと5人がステージに正座して、5つのクラベスの音の高低とリズムだけで曲を表現します。
私だったら確実に途中で落っこちるところですが、最後もびしっと決まって素晴らしいアンサンブルでした。
そしてこの曲をどこから探してきたんでしょう!?

Team Orange Latte (Tb、Euph4重奏)
いつも移動を共にする仲間でくんだチームだそうです。仲良しでいいですね!
個人的には、ロビーで楽器のかわりに歌で練習してましたが、とってもきれいなコーラスだったので
歌バージョンも聴きたかったです!来年いかがですか?(笑)

bass women (コントラバス2重奏)
コントラバスのお嬢さんお二人のアンサンブル。
弦って本当に難しい楽器なんです。特にCbは。あの太い弦を押さえるだけでも大変なのに。。
低音の魅力たっぷりのアンサンブルでした。

タメ会 (ハタチの皆さんの合奏)
ロビーコンサートでも演奏しました、ハタチのみなさん。
個人的にはPerのIさんにそりゃあもう釘付けでした。小物の女王です。

そして、全チームの発表が終わり、監督の講評&結果発表!!

今年も監督を悩ませる混戦でしたが、、
ついに今年の入賞チームの発表です!!
おめでとうございます!!!

 

左)チーム♡モーバラ (サキソフォン4重奏)
右)ともことその仲間 (打楽器4重奏)

 

左)セレブの夢と目覚め (フルート、ハープ、ピアノ)
右)土気シビックブラスアンサンブル (金管10重奏)

アンドー☆ヒデミッチ (トロンボーン8重奏)


そして最優秀賞!! 

 

サカモトⅣ (ホルン独奏)

坂本氏は、このアンサンブル大会の、計画、準備、プログラム作成、録画&録音など
運営を全て行い、しかもアンサンブルも組み、そのうえでのソロ。
最優秀賞はこの方以外にはありえません!!!
演奏も本当にすばらしく、ホルンの力強くきれいな音が会場中に響いてました。


アンサンブルを終えて、それぞれにいろんな失敗や反省もあるかと思いますが
挑戦したからこそ得られた反省で、失敗は成功の基なのです。
この経験を今後に活かしていきましょう。
(なぁんて無理やりポジティブにしてみましたけど・・・何か? 苦笑)


また来週からクリスマスコンサートに向けた練習が始まります。
See you next week !!


(写真撮影:田舎っ子さん いつもいつもありがとうございます!!)

About 2007年11月

2007年11月にブログ「最近のシビック!」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年10月です。

次のアーカイブは2007年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。