« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月 アーカイブ

2006年11月05日

11月5日 通常練習@公民館

コンクール後、最初の通常練習。
11月26日にせまったファミリーコンサートに向け練習です。
コンクールが終わったからといって気を抜くわけにはいきません!

チューニング
本日はコンマスによるチューニング。
そして前半は水野先生による合奏です。

水野先生による合奏
スペイン奇想曲の、特にあやしいところをみっちりと練習しました。
ちなみに水野先生、公民館に来る途中の八街で、お祭りの山車が先生の車の前に来てしまうというトラブルによりすこし遅れてしまいました。
写真はそのときの様子を語る先生の様子。

かんとくによる合奏
後半はかんとくによる合奏。
途中金管・木管の分奏を行いました。
パーカッション、コントラバスのみなさんは両方に参加。
お疲れ様です!

パーカッションのみなさん コントラバスのみなさん
ファミリーコンサートの曲でも目立つところが多いため、また4人という比較的多い人数もありコントラバスパートはたびたび熱い視線を受けています。
今、コントラバスパートがアツイです。

次回は南高での集中練習です。
ファミリーコンサートまであと2回の練習、がんばりましょう!

2006年11月12日

11月12日 集中練習@千葉南高校

今月26日、東金文化会館にて行う"ファミリーコンサート"に向けての集中練習を行いました。


完成度は・・・まだいいとは決して言えない状況ですよね・・・?
学生の頃のようになかなか練習時間が取れませんが、なんとか各自工夫して次回の練習に
臨みましょう!もう最後の練習ですからね。

ファミリーコンサートは、演奏中の出入り、おしゃべり、歌って踊って等、すべてOK!
ある意味、5月の定期演奏会よりもグッとお客さまを身近に感じられることの出来る演奏会です。
お客さまそして団員側のどちらも、たくさんの笑顔で溢れるような、あたたかなコンサートにしたい
と思っています。
みなさま、ご都合よろしければ是非お越しください。


今日は休憩中も、何やら集まって練習している人たちがちらほら・・・。
なぜならば、ファミリーコンサートの後に毎年行われる"団内アンサンブル大会"に向けて、
そろそろ本腰モードに突入したようです(笑)。
 


さ~て今年はどんなアンサンブルが聴けるのか・・・今からとても楽しみです。
(楽しみ反面、シビアなのが正直なところですが)

こちらは、まったり休憩中。

ん~。なかなかいい絵!(笑)
エネルギー補給&休むことも大切な時間です。


<おまけ>
今日の練習で笑いを取った、こちらの楽器。

過去にも、未だ語り継がれる伝説を作った?シンセサイザー。
コンサート当日は演奏効果を発揮し雰囲気を盛り上げてくれるのか?
それとも・・・???

2006年11月19日

11月19日 通常練習@公民館

大雨の日曜日。一日寒かったですね。

かんとくがいらっしゃるまでは、あこうど氏による合奏です。

その後かんとくが到着してからは計7曲を練習・合奏しました。
(全ての曲は出来ず・・・)
ファミリーコンサート一週間前ということもあってか、かなり高い出席率でした。
ホルン何人いるの!?みたいな。
クラリネットパートに追いついちゃうんじゃないの!?!?みたいな。
(クラパート、Fightっっ!!)

来週26日、東金文化会館にて13時より開演です。
一緒に歌いましょう。一緒に楽しみましょう。
団員一同、笑顔でお待ちしております。。。

2006年11月26日

11月26日 ファミリーコンサート@東金文化会館

曇りor雨?との予報でしたが徐々に晴れてきて、日の差し込む暖かな午後になりました。
今日はファミリーコンサート。
団員は9時前に集合し午前中はリハーサル。そして12時開場。
お客さまをお迎えします。

  
たくさんのお客さまに来ていただきました!

~プログラム~
☆第1部
・ポップス描写曲 メインストリートにて(岩井直薄)
・わらべうた(兼田敏)
 Ⅰ.あんたがたどこさ
 Ⅱ.子守歌
 Ⅲ.山寺の和尚さん
・ウィルソン組曲(R.W.スミス)
 Ⅰ.トルネード
 Ⅱ.優しい雨
 Ⅲ.ハリケーン
○ユーフォニアムソロ:外囿祥一郎
・スペイン奇想曲より(リムスキー=コルサコフ)
 Ⅲ.アルボラーダ
 Ⅳ.情景とジプシーの踊り
 Ⅴ.アストリアのファンダンゴ

☆第2部
・音楽劇「となりのトトロ」
・翼をください -バンドと合唱のために-


何度かここで書かせていただいているとおり、今日はかしこまって聴く演奏会ではなく
自由に感じたまま、楽んでいただきたいコンサート。
知っている曲になれば、一緒に歌ってくれたお子さんたち。
そして2部にてお配りしたルミカライト(光る棒のことです)を曲に合わせて自然と振って
くださる方・・・。
わたくし、ステージのいちばん端(客席側)に座っていたため、客席の様子がよく見えたのですが、
お客さまのあたたかな視線、そして子どもたちの食い入るような真剣な目に、演奏中、とても嬉しい
気持ちでいっぱいになりました。
何かこう、演奏するエネルギーを新たに会場からいただけたというか・・・。
また、素晴らしいソロを聴かせてくださったユーフォニアム奏者、外囿祥一郎氏の演奏には
お客さまだけでなく、団員一同も吹きながら幸せな時間でした。

2楽章の"優しい雨"は、本当にうっとり・・・

演奏会前、1部と2部の間の休憩、そして演奏会後と、ロビーにてパートアンサンブルを披露。

バリチュー4重奏。


フルート・アンサンブル


サックス・アンサンブル

演奏会終了後、CDをお買い求めいただいた方々・・・ありがとうございます!

笑顔で帰られるお客さまを見て、今年もファミリーコンサートが出来てよかったなぁと、心底感じました。
また、何か人の心を動かす"音楽の力"というものも改めて実感した一日でもありました。
聴きに来てくださった多くの方々に感謝いたします。ありがとうございました。

最後になりましたが、会場のお手伝いしてくださった千葉学芸高校の皆さん、裏方のお手伝いをして
くださった方、そして八街・明朗塾の皆さまには多大なるご協力をいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。


<おまけ>
ファミリーコンサート終了後、ロビーにて発見!

ん・・・?


あーっっ!!

やっぱり今日、ここに来たのかも・・・???
このヒト(?)たち・・・


11月26日 第8回アンサンブル演奏会@東金文化会館

ファミリーコンサート終了後、毎年恒例の団内アンサンブル大会が開催されました!
各団体、ステージや楽屋、ロビーにてリハーサル。


おやっ!こんなところでも・・・!!

今年は全部で25団体がエントリー。
さぁ、今年の「かんとく賞」はどこの団体の手に!?!?

名司会の水野氏によってスタートです。


1.クラボーイズカルテット(クラリネット4重奏)
  グランドマン:カプリス


2.うだめカンタービレ♪(ユーフォニアム4重奏)
  伊藤康英:ユーフォニアムパフェより Ⅲ.チョコレート・ダモーレ


3.おかしい世界(マリンバ&サクソフォーン)
  湯山昭:マリンバとアルトサクソフォンのためのディベルティメント


4.All Flutists(フルート8重奏)
  ドヴォルザーク:交響曲第8番より 第3楽章


5.福岡市東区with千葉市緑区(チューバ4重奏)
  プレッサー:4本のチューバのためのセレナーデ


6.最後まで通る気がしない(打楽器3重奏)
  Zivkovic:Trio per Uno


7.Ave.25(サックス7重奏)
  星出尚志arr.:ゴスペル・メドレー


8.金井の密度(トロンボーン6重奏)
  ウーバー:コラージュ


9.ゆうき幼稚園 さくら組(フルート4重奏)
  三浦真理:想い出は銀の笛より Ⅴ.ブルーパステル


10.サカモトⅢ(ホルン独奏)
  デュカス:ヴィラネル


11.永沢君(木管トリオ)
  イベール:3重奏のための5つの小品より Ⅰ.Ⅳ.Ⅴ


12.卒試リハ(ピアノ独奏)
  ラフマニノフ:楽興の時 第1番
  
(注※独奏ですが、途中で入れ替わりました)


13.姉さんズ(5Bb.Cl.Bass Cl. & Drum)
  森田一浩arr.:サザン・ファンタジー


~休憩~
ここで、ファミリーコンサートで会場等のお手伝いをしてくれた千葉学芸高校さんによる打楽器3重奏。
6番目の、"Trio per Uno"を披露です。

とてもよく練習してあって上手でしたよ!
アンサンブル県大会、頑張ってくださいね!!


14.小野信二(打楽器4重奏)
  シローン:トリプティックより 第3楽章


15.音楽教育専攻(鍵盤2重奏)
  Max Leth:Effugonetrom


16.折流卦守斗羅弩魂虎場主β(コントラバス4重奏)
  ジェン・フェリップ:エスカルゴ


17.1 Dozen Hornists(+M)(ホルン8重奏)注※12重奏
  フンパーディンク:ヘンゼルとグレーテルより 夕べの祈り


18.さやか きちゃった(フルート&ハープ)
  イベール:Entr'acte


19.シビックラッパパートwithあきな(トランペット4重奏)注※10重奏
  シンプソン:ソナチネ


20.若さ生活(クラリネット4重奏)
  白川毅夫:大きな古時計変奏曲


21.Challenge Change(サックス5重奏)
  高山直也:プリーズ・プリーズ・ミー


22.OZ-オズ-(バリチュー4重奏)
  ハロルド・アーレン:オーバー・ザ・レインボー


23.町内会(フルート2重奏&ピアノ)
  ドップラー:デュエッティーノ


24.今は仲良し2人組☆(マリンバ2重奏)
  Drei Skizzen:Matthias Schmitt


25.TCCE(クラリネット・クワイアー)
  ヴァン・デル・ロースト:カンタベリーコラール

このアンサンブル大会は、上手さを競うのではなく普段合奏ばかりの練習で、パート練習や
コミュニケーション不足なりがちなのを解消すべく企画されたもので、気づけばもう8回目となりました。
17時半から始め、終わったのは20時半頃。
今年も、みんないつ練習したの!?と思うほどの熱演ぶり!
いちばん多くエントリーした人は5つの曲を発表・・・なんて意欲的!!

かんとくより講評をいただきました。

まずひとつ。
もう少し、自分に課題を与えながら吹いてみてはどうか。
P(ピアノ)はもっと、Pにおとして・・・など、音量も自分が吹きやすいように吹くのではなく、もっと
楽譜に忠実になって、あえて自分にとって難しい演奏技術で取り組んでみたらいいのでは。
ふたつめ。
顔(表情)がよろしくない。
お客(聴いている人)がいるのだから「聴かせる・聴いてもらう」という姿勢や気持ちを持って演奏に
臨んだらどうか。
・・・とのお話をいただきました。

さ、今年の「かんとく賞」(第1位)は・・・

No.24、町内会のみなさんです!

かんとくコメント:ダントツでした。まるで演奏会に来ているかのよう。

おめでとう~~~!!!


以下入賞団体。

第2位:No.3 おかしい世界

かんとくコメント:個々のレベルの高い演奏に引き込まれました。


第3位:No.17、1 Dozen Hornists(+M)

かんとくコメント:難しいと言われるホルンのアンサンブルをこの大人数でキレイに聴かせてくれました。


同じく第3位:No.11、永沢君

かんとくコメント:今回このメンバーでアンサンブル出来たことが非常に有意義でしたね。ほほえましい!


入賞したチームの皆さん、そして団員の皆さん、お疲れさまでした。
朝から晩まで内容盛りだくさんの一日・・・でも、とっても充実した一日だったのでは。と思います。

そしてこのアンサンブル大会のプログラム作成・企画運営等担当された、あこうど氏。
テンポよい司会で進めてくれた水野氏。
裏でステージセッティングしてくださった、さんどう氏。
お疲れさまでございました&ありがとうございました。

  


また来年も楽しみですね~♪

About 2006年11月

2006年11月にブログ「最近のシビック!」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年10月です。

次のアーカイブは2006年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。